花図鑑

バーベナ

絨毯を敷き詰めたように横に広がります。

バーベナ・写真1バーベナ・写真2バーベナ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・バーベナ■サクラソウに似た小さな花
■横に這うように広がる
栽培上のポイント
種子は一晩水につけてからまく
うどんこ病に注意
開花中は週に1回液肥を与える

学 名
Verbena
英 名
vervain
難易度
普通に育てられる
原 産
中南米
分 類
クマツヅラ科/一年草・宿根草
別 名
ビジョザクラ、ヒメビジョザクラ(シュッコンバーベナ)
草 丈
15~30cm
環 境
日あたりのよい場所
増やし方
種まき(一年性)、挿し木(宿根性)
花言葉
勤勉な努力家
名前の由来
バーベナ属のオフィシナリスに対する古いラテン語にちなみます。

スポンサードリンク

バーベナの特徴

日本では一年性のバーベナと宿根性のシュッコンバーベナがあります。一年性のバーベナは種子から、シュッコンバーベナは市販の株から育てるのが一般的です。

バーベナの種まき

秋まきは霜よけをする

一年性バーベナの種子は、一晩水に浸して外皮を洗い流してから育苗箱にばらまきし、薄く土をかぶせます。本葉が4~5枚になったら3号ポットに1本ずつ移植します。用土には緩効性化成肥料を混ぜます。秋まきの場合は霜よけをします。4月中旬~5月中旬に、5号鉢に1株をめやすに鉢上げします。

バーベナの植えつけ

水はけのよい土で栽培

シュッコンバーベナは苗を購入して植えつけます。培養土は緩効性の肥料を混ぜておきます。5号鉢に1株をめやすに植えつけます。

バーベナの肥料

液肥を施す

長い間花を咲かせるため、開花中はリン酸分の多い液肥を1週間に1回程度施します。

バーベナの切り戻し

株元近くで切る

葉が込み合ってきたら、地面に近いわき芽の上で切り戻します。切り取った枝は挿し芽に利用できます。

バーベナの病害虫

うどんこ病に注意

うどんこ病が発生しやすいため、早めに殺菌剤で防除します。また、初夏から初秋にかけては殺ダニ剤を散布してハダニを防除します。

うどんこ病対策について»

宿根バーベナの株元の葉が腐ってきた場合

葉が茂りすぎて風通しがわるくなったことが考えられます。下葉を刈り取って、風通しをよくしましょう。被害が大きい場合は、地面から10センチほどのところで切り戻し、再生をはかります。

バーベナの豆知識

日本の自生種クマツヅラ

バーベナの仲間は中南米に多く、およそ200種が分布しています。日本にもクマツヅラという種類が自生しています。一年草も宿根草もあり、そのなかで花のきれいなものが観賞用にされ、また薬用になる種もあります。葉は土に接すると根を出し、どんどんと広がるので、広い面積を覆ったり、切り離して増やすことも簡単にできます。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ