花図鑑

ガザニア

鮮やかな花色がコンテナを彩ります。

ガザニア・写真1ガザニア・写真2ガザニア・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ガザニア■やや乾燥した環境を好む
■晴れた日中に開花する
栽培上のポイント
種まきは底面吸収させる
夏の水やりは朝か夕方に
花がらをこまめに摘む

学 名
Gazania
英 名
treasure flower
難易度
普通に育てられる
原 産
南アフリカ
分 類
キク科/宿根草
別 名
クンショウギク(勲章菊)
草 丈
20~40cm
環 境
日あたりと水はけのよい場所
増やし方
種まき、株分け
花言葉
身近な変
名前の由来
アリストテレスなどの著作をラテン語に翻訳したガザのテオドールの名にちなみます。

スポンサードリンク

ガザニアの特徴

南アフリカ原産で、強い日差しとやや乾燥した環境に適しています。勲章菊という別名のとおり、花色が鮮やか。晴れた日中に開花し、夜は閉じる性質があります。

ガザニアの種まき

底面吸水させる

3~4月、または9~10月が適期。赤玉土の小粒に腐葉土またはピートモスを混ぜた用土にばらまきします。底面から吸水させ、乾燥しないよう濡れた新聞紙などをかぶせます。

ガザニアの植えつけ

本葉が3~4枚開いたら

本葉が3~4枚開いたら、種まきと同じ用土に緩効性化成肥料を施したものを培養土とし、3号鉢に1株をめやすに植えつけます。寒さに弱いので、冬は日あたりのよい軒下などで管理します。寒冷地では室内で越冬させます。庭植えの場合は株間を25センチほどあけ、堆肥や緩効性肥料を施します。

ガザニアの株分け

種まきより容易に増やす

適期は9月下旬ごろ。1株あたり2~3芽を付けて、赤玉土の小粒、腐葉土またはピートモスを混ぜた用土に植えつけます。

ガザニアの水やり

夏の水やりは朝か夕方に

土の表面が乾いてから水やりをします。夏は昼間に水やりをすると葉が蒸れるので、朝か夕方に行います。

ガザニアの肥料

速効性の化成肥料を施す

春と秋に、月に1回はど速効性化成肥料をひとつまみ施します。

ガザニアの花後の管理

花がら摘みはこまめに

こまめに花がらを摘んでおくと花付きがよくなります。

アブラムシが発生した場合

病気には強いのですが、アブラムシが発生しやすいので、オルトラン粒剤などを散布します。

アブラムシ対策について»

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ