花図鑑

ニコチアナ

丈夫で育てやすい星形の花です。

ニコチアナ・写真1ニコチアナ・写真2ニコチアナ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ニコチアナ■花色が豊富なタバコの仲間
■花は初夏から秋まで楽しめる
栽培上のポイント
水やりを控えめにし乾燥気味に育てる
雨にあてないようにする

学 名
Nicotiana
英 名
Tabak
難易度
初心者でも育てやすい
原 産
南アメリカ
分 類
ナス科/一年草
別 名
ハナタバコ
草 丈
30~50cm
環 境
日あたりのよい場所
増やし方
種まき
花言葉
援助、保護
名前の由来
フランスにタバコを紹介した人物二コの名が由来です。

スポンサードリンク

ニコチアナの特徴

星形のかわいらしい花を咲かせ、南米を中心に60種以上のバリエーションがあります。草丈も品種によってさまざまなので、群植させるときは同じ品種のものを揃えるとよいでしょう。

ニコチアナの種まき

発芽後は日なたで管理

2~4月ごろ、ビート板に種子します。発芽には光が必要なので土はかぶせません。芽が出るまでは半日陰、その後は日あたりのよい場所で管理します。本葉が出るまでは底面吸水で水を与えます。

ニコチアナの植えつけ

新芽が出るまでは半日陰で

本葉が5~6枚になるころに3号鉢に1株をめやすに鉢上げします。赤玉土の小粒とその同量のピートモスを用土とし、緩効性化成肥料を加えます。植えつけ後、しばらくは半日陰に置き、新芽が伸び始めたらよく日のあたる場所へ移動させます。

ニコチアナの水やり

水は控えめに与える

乾燥気味の土を好むので、水は土の表面が乾いたら控えめに与えます。雨に弱いので、梅雨の時期などは軒下で管理する。

ニコチアナの肥料

追肥は月1回

生育期には月に1回の割合で、水やり代わりに液肥を施します。

ニコチアナの切り戻し

花後に行う

花が咲き終わったら、花穂ごと切り戻すとわき芽が伸びて花付きがよくなります。

種子をまいたのに芽がでない場合

ニコチニアの発芽適温は10度以上です。寒冷地では種まきは暖かくなった3月以降にするとよいでしょう。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ