ガーデニング初心者の 庭作り

【ユリ】育て方・増やし方(種まき・分球・鱗片挿し・むかご)

花図鑑

ユリ

気品ただよう豪華な花姿が魅力です。

ユリ・写真1ユリ・写真2ユリ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ユリ■品種によって日あたり具合の好みが異なる
栽培上のポイント
植えつけは鉢の3分の1くらいの深さに
表面の土が乾く前に水やりする

学 名
Lilium
英 名
Lily
難易度
栽培が少し難しい
原 産
北半球の温帯または日本、中国
分 類
ユリ科/球根植物
別 名
特になし
草 丈
60~100cm
環 境
半日陰か日あたりのよい屋外
増やし方
種まき、分球、鱗片挿し、むかご
花言葉
神秘的な美、純潔、飾らぬ美、荘厳
名前の由来
漢字の「百合」は球根の鱗片が多数集まっていることから呼ばれています。

スポンサードリンク

ユリの特徴

日本にはテッポウウリ、ヤマユリ、スカシユリ、カノコユリなど15種が自生し、これらから多数の園芸品種が生まれています。園芸品種ではオリエンタル・ハイブリッド系の(カサブランカ)などに人気があります。品種によって日あたりのよい場所を好むもの、半日陰を好むものがあるので注意しましょう。

ユリの植えつけ

鉢の底3分のーの深さに

10~11月が適期。6号鉢に1球をめやすに、鉢の底から3分の1くらいの深さに植えつけます。赤玉土の小粒、腐葉土、バーミキュライトを混ぜたものを用土とします。球根は乾燥に弱いので、購入したら早めに植えつけます。

ユリの掘り上げ

3年に1回行う

3年に1回球根を掘り上げます。適期は葉が黄色く変色する10~11月ごろ。掘り上げたら湿ったバーミキュライトの中で保管します。

ユリの分球

鱗片を挿して増やすことも

分球と、鱗片を挿して増やす方法があります。分球は子球を2~3球ずつ切り分ます。鱗片を使う場合、掘り上げた球根の外側の鱗片をはがし、内側の鱗片をバーミキュライトに挿して球根に生長させます。

ユリの水やり

表面の土が乾く前に

乾燥に弱いので、表面の土が乾く前に水やりをします。乾燥対策にマルチングをするのもよいでしょう。

ユリの肥料

春先から花後まで化成肥料を

肥沃な土を好むので、春先から花後まで化成肥料を施します。

アブラムシが発生した場合

オルトラン粒剤を根元にばらまいて駆除します。

アブラムシ対策について»

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ