花図鑑

ヒマワリ

真夏のシンボル大輪の花です。

ヒマワリ・写真1ヒマワリ・写真2ヒマワリ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ヒマワリ■草丈2m~30cmまでさまざま
栽培上のポイント
種子は早まきしない
夏は頻繁に水やりして、乾燥に注意

学 名
Helianthus annuus
英 名
Common sunflower
難易度
初心者でも育てやすい
原 産
北アメリカ
分 類
キク科/一年草
別 名
ニチリンソウ、ヒグルマ、サンフラワー
草 丈
30~300cm
環 境
日あたりのよい場所
増やし方
種まき
花言葉
敬慕
名前の由来
常に花を太陽に向けているため呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

ヒマワリの特徴

真夏のイメージそのものの草花で、草丈が1.5~3メートル、花径30センチにもなる大輪一重咲きの高性種、草丈が60~70センチの矮正種、鉢植えに向く草丈30~50センチの極矮性種に大別されます。花色が赤や白、橙色の品種もあります。

ヒマワリの種まき

葉が出たら間引く

発芽適温は25度で、適期は4~7月です。早まきすると温度が低すぎて発芽しないので注意しましょう。培養土を入れた3号鉢に3粒ほどをまき、乾燥させないように管理します。子葉が出たら、丈夫そうなものを1本だけ残して間引きます。庭植えの場合は、日あたりのよい場所に直まきし、間引きながら育ててもよいでしょう。

ヒマワリの植えつけ

本葉2~3枚で定植

葉が2~3枚になったら種まきと同じ培養土に緩効性化成肥料を混ぜ、5号鉢に1本ずつ定植し、日あたりのよい場所で管理します。庭植えの場合は、株間を20~30センチほどあけて植えつけます。

ヒマワリの水やり

敷きわらで乾燥を防ぐ

表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。真夏の乾燥期にはわらなどを敷き、株元の乾燥を防ぐとよいでしょう。

ヒマワリの肥料

ほとんど必要ない

庭植えの場合、肥沃な土地なら施肥の必要はありません。鉢植えでは週1回程度、薄めの液肥を水やり代わりに施します。吸肥力が強いので、肥料は控えめにします。

ヒマワリの種子の採り時について

花が下向きになって花びらが枯れ、種子が褐色になった頃が適期になります。茎ごと切り取って日陰でよく乾燥させてから種子を採ります。

ヒマワリの豆知識

食用としても重要な植物

ヒマワリという和名は、つねに花を太陽に向けているということに由来しますが、実際にはいつも太陽に向いているわけではありません。ただ、明るい方向に向かって花を開く性質を持っているため、ヒマワリはみな同じ方向を向いて開花します。日本には1666年に紹介され、観賞用として親しまれるほかに、種子は油をとったり、菓子に用いたりと食用としても使われています。ハムスターなどのエサとしてもなじみがあります。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ