花図鑑

ハーデンベルギア

清楚な白い小花と緑の葉が印象的です。

ハーデンベルギア・写真1ハーデンベルギア・写真2ハーデンベルギア・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ハーデンベルギア■生長すると2m以上にもなる
■好みの形に仕立てられる
栽培上のポイント
夏の直射日光は避ける
水やりは表面の土が乾いてから

学 名
Hardenbergia violacea
英 名
Coral pea
難易度
普通に育てられる
原 産
オーストラリア
分 類
マテン科/つる性常緑低木
別 名
ヒトツハマメ、コーラルピー、コマチフジ
草 丈
50~200cm
環 境
日あたりのよい屋外
増やし方
挿し木
花言葉
運命的な出逢い
名前の由来
属名より

スポンサードリンク

ハーデンベルギアの特徴

白い小花と緑の葉のコントラストが上品なつる性植物です。比較的耐寒性に優れているので、霜にあてなければ冬でも屋外で越冬できます。

ハーデンベルギアの植えつけ

4~5月が適期

4~5月ごろ、苗を購入して植えつけます。赤玉土の小粒6と腐葉土4を用土とし、緩効性化成肥料を施します。日あたりのよい場所で管理します。ただし、夏は強い直射日光にあてないよう、半日陰に移動させます。梅雨の長雨や霜などの場合も、軒下などに移動させます。

ハーデンベルギアの誘引

生長したらつるを誘引する

茎が硬いので、株が若いときには支柱などは必要ありません。つるがある程度伸びてきたら、支柱やフェンスなどをそえ、ワイヤーなどで留めて好みの形に仕立てます。誘引は3~6月の生長期に行います。

ハーデンベルギアの切り戻し

古い枝を切り落とす

株を充実させるために、花後に切り戻しをします。伸びた枝の切り戻しをしなくても全体の形は乱れませんが、古い枝を切り取ると株全体の更新につながります。古い枝は思い切って切り落とします。

ハーデンベルギアの水やり

表面の土が乾いてから

表面の土が乾いてから水やりをします。梅雨時は水やりを控え、雨のあたらない軒下に移動させます。

ハーデンベルギアの肥料

開花中には月に2回施す

開花中に月に2回の割合で液肥を施します。

生育があまりよくない場合

ハーデンベルギアは過湿や直射日光が苦手です。夏のベランダはコンクリートの照り返しが強くなるので、床にすのこを敷いたり、日よけなどを設置するとよいでしょう。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ