花図鑑

コスモス

秋の訪れを告げる清楚な花です。

コスモス・写真1コスモス・写真2コスモス・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・コスモス■こぼれ種で増える
■丈夫で手をかけずに育てられる
栽培上のポイント
間引いても丈夫な苗を1本残す
水やりは表面の土が乾いてから

学 名
Cosmos bipinnatus
英 名
cosmos
難易度
初心者でも育てやすい
原 産
北アメリカ南部
分 類
キク科/一年草
別 名
アキザクラ、オオハルシャギク
草 丈
40~110cm
環 境
日あたりと風通しのよい屋外
増やし方
種まき
花言葉
少女の愛情(ピンク)、調和(赤)
名前の由来
ギリシャ語の「美」から由来されます。

スポンサードリンク

コスモスの特徴

秋の風物詩ともいえるコスモスはメキシコ原産の一年草です。日本に入ってきたのは明治以降と比較的新しい植物です。丈夫で育てやすく、こぼれ種でも増えます。園芸品種も多く、大輪の(センセーション)や花びらが筒状の(シーシェル)などがあります。日が短くなってから咲く花ですが、日の長さとは関係なく花をつける(サンセット)などもあります。

コスモスの種まき

6~8月中旬に直まきする

6~8月中旬が適期。赤玉土の小粒、その半量の腐葉土またはピートモス、少量のバーミキュライトを混ぜたものを用土とし、3号鉢に2~3粒直まきし、土をかぶせます。遅めにまくと草丈が高くならず、台風などで倒れる心配がないので管理しやすいでしょう。

コスモスの間引き

丈夫な苗を1本残す

本葉が3~4枚出たら間引き、丈夫な首を1本残すようにします。

コスモスの摘芯

摘芯してわき芽を増やす

新芽が10センチほど伸びたら摘芯をしてわき芽を増やします。

コスモスの挿し木

挿し芽で増やすことができる

切り戻した新芽3~4センチをバーミキュライトに挿して増やすことができます。倒れた茎から根が出るので、根を傷めないように切り離してふやす方法もあります。

コスモスの水やり

土の表面が乾き切ってから

乾燥を好むので、土の表面が乾き切ったら水やりをします。肥料についても、やせ地を好むので生育の悪いときに与える程度でよいでしょう。

強い風で倒れた場合

コスモスの茎は細くて倒れやすいので、草丈が高くなってきたら1メートルほどの支柱をそえます。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ