ガーデニング初心者の 庭作り

【カンパニュラ】育て方・増やし方(種まき・株分け・挿し芽)

花図鑑

カンパニュラ

初夏に咲く清楚な釣鐘形の花です。

カンパニュラ・写真1カンパニュラ・写真2カンパニュラ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・カンパニュラ■釣鐘形や星形の花
■日本に自生するホタルブクロの仲間
栽培上のポイント
水やりは控えめにし、乾燥気味に管理
種子を低温処理して種まきすると発芽率がよい

学 名
Campanula
英 名
Bell-flower
難易度
普通に育てられる
原 産
南ヨーロッパ
分 類
キキョウ科/一年草・二年草、宿根草
別 名
ツリガネソウ、ベルフラワー、フウリンソウ(カンパ二ュラ・メディウム)
草 丈
15~100cm
環 境
日あたりよく、夏は半日陰になる涼しい場所
増やし方
種まき、株分け、挿し芽
花言葉
誠実な恋
名前の由来
ラテン語起源の言葉で、「小さな釣鐘」の意味。花の形から呼ばれています。

スポンサードリンク

カンパニュラの特徴

北半球に300種ほどが分布する大きなグループの草花で、日本にもホタルブクロやイワギキョウ、イトシャジンなど6種が自生しています。

カンパニュラの種まき

冷蔵庫に保管しておく

種子は、低温処理すると発芽率がよくなるので、3~4月に入手して、2カ月ほど冷蔵庫に保存してからまくとよいでしょう。十分吸水させたビート板にばらまきして、土で薄く覆土し、霧吹きで湿らせて半日陰に置きます。

カンパニュラの移植

子葉が出たら移植

本葉が発生したら新しいビート板に移植します。

カンパニュラの定植

半日陰の涼しい場所に

根が十分張ってきたら、4号鉢に1株ずつ鉢上げします。移植の際は根を傷めないように注意します。培養土は赤玉土の小粒とその半量の腐葉土かピートモスを混ぜたものに、緩効性化成肥料を施したものを用います。定植後は日あたりのよい場所に置きますが、夏は半日陰の風通しのよい涼しい場所に移します。

カンパニュラの水やり

過湿にならないように注意

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。夏の暑い時期に湿りすぎると立ち枯れ病を起こすので、やや乾燥気味にします。

カンパニュラの肥料

液肥を追肥

初夏と秋に薄めの液肥を施します。

カンパニュラの病害虫

ハダニに注意

夏にハダニが発生しやすくなります。ときどき葉水をかけると予防できます。

ハダニ対策について»

フウリンソウの花が咲かない場合

フウリンソウ(カンパ二ユラ・メディウム)は二年草で、初夏に種子をまいてもその年は花は咲かず、翌年の初夏に花が咲きます。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ