花図鑑

カンナ

夏を鮮やかに彩る球根植物です。

カンナ・写真1カンナ・写真2カンナ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・カンナ■開花期間が長い
■初心者でも栽培しやすい
栽培上のポイント
日あたりのよい場所で管理する
水やりは土が乾ききってから

学 名
Canna
英 名
Canna
難易度
普通に育てられる
原 産
中南米
分 類
カンナ科/球根植物
別 名
ハナカンナ、ダンドク
草 丈
50~200cm
環 境
強い日差しのあたる屋外
増やし方
種まき、分球
花言葉
永遠
名前の由来
古代ケルト語の「杖」「脚」に由来します。

スポンサードリンク

カンナの特徴

熱帯から亜熱帯地方原産で、高温や多湿に強い、夏を代表する球根植物です。高性種と矮性種がありますが、鉢植えに向くのは矮性種。矮性種でもなかには草丈が1メートル以上に生長するものもあります。

カンナの植えつけ

日あたりのよい場所で管理

4月下旬から5月上旬が適期。5号鉢に1球をめやすに、芽が隠れる程度に植えつけます。日あたりのよい場所で管理します。庭植えの場合は、根がよく伸びるので深く耕してから植えつけます。

カンナの掘り上げ

球根は乾燥させないように

適期は10月中旬から11月。霜が降りるまえに掘り上げます。乾燥に弱いので、バーミキュライトを入れたビニール袋に入れ、涼しい場所で保管します。暖地の庭植えでは、掘り上げなくても、葉を切って株元に落ち葉などを10センチほど盛っておけば越冬できます。

カンナの分球

植えつけの前に行う

植えつけ前に、1球に2~3芽付けた状態で切り分けます。分球は2~3年に1回行います。

カンナの肥料

1~2カ月に1回少量与える

1~2カ月に1回程度、速効性化成肥料または液肥を少量与えます。

カンナの病害虫

モザイク病に注意

花や葉に斑点などができるモザイク病にかかりやすく、見つけたら株ごと抜き取ります。アブラムシが介在する病気なので、オルトラン粒剤を散布して予防します。

アブラムシ対策について»

花があまり咲かない場合

日あたりがよくないと、花がたくさん付きません。日光にたっぷりあてるよう、屋外で管理しましょう。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ