花図鑑

ギボウシ

半日陰を彩る表情豊かな葉と清楚な花です。

ギボウシ・写真1ギボウシ・写真2ギボウシ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ギボウシ■葉色のバリエーションが豊富
■明るい半日陰を好む
栽培上のポイント
直射日光や強い西日を避ける
水やりは表面の土が乾いてから
3年に1度植え替える

学 名
Hosta fortunei
英 名
plantain lily
難易度
初心者でも育てやすい
原 産
ヒマラヤ、中国、日本(東アジア)
分 類
ユリ科/宿根草
別 名
ギボシ、ホスタ
草 丈
15~60m
環 境
夏に半日陰になる場所
増やし方
株分け
花言葉
静寂
名前の由来
つぼみの形が橋の欄干(らんかん)に付いているネギの花形をした「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」に似ることから呼ばれています。

スポンサードリンク

ギボウシの特徴

大きな葉に特徴があり、斑入り葉のものや葉に覆輪が入ったものなど、さまざまな表情が楽しめます。夏に咲く花は釣鐘形やラッパ形で、うつむきがちに咲く姿が清楚な印象です。本州の山野に自生する山野草で、日陰に強く、あまり手をかけずに育てることができます。

ギボウシの植えつけ

風通しのよい半日陰に

春または秋に苗を購入して植えつけます。赤玉土の小粒、腐葉土、バーミキュライトを混ぜて用土とします。風通しのよい明るい半日陰が適していますが、品種によって好む光量に多少違いがあるので、苗を入手するときに確認しておきます。

ギボウシの栽培環境

直射日光や西日を避ける

真夏の直射日光や強い西日にあたると葉を傷めるので、午前中だけ光があたるような場所で管理します。

ギボウシの水やり

表面が乾いてから

表面の土が乾いてからたっぷりと水やりをします。

ギボウシの植え替え

3年に1度植え替える

根がよく張り、根詰まりをおこしやすいので、3年に1度ひとまわり大きい鉢に植え替えます。地上部が枯れ生育が休止する10~11月ごろに植え替えを行います。

ギボウシの株分け

3芽をー株にして分ける

株分けでふやすことができます。適期は移植と同じように株が休眠する晩秋に。3芽を1株にして、株分けします。

花が少ししか咲かない場合

半日陰で管理しますが、ある程度日光にあてないとよい花が咲きません。午前中だけ光があたるような場所に置くとよいでしょう。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ