ガーデニング初心者の 庭作り

【セラスチウム】育て方・増やし方(種まき・株分け・挿し芽)

花図鑑

セラスチウム

窓陽のもと美しく開く花が人目をひく植物です。

セラスチウム・写真1セラスチウム・写真2セラスチウム・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培カレンダー・ディモルホセカ■常緑性で、葉は1年中茂る
■葉が銀白色で美しい
栽培上のポイント
乾燥気味に管理する
水はけのよい土を使い、日当たりのよい場所におく

花が咲いた後、株元が蒸れないように切り戻す

学 名
Cerastium tomentosum
英 名
snow-in-summer
難易度
普通に育てられる
原 産
南イタリア~シチリア島、∃ーロツパ中北部
分 類
ナデシコ科/宿根草
別 名
シロミミナグサ、スノー・イン・サマー、ナツユキソウ
草 丈
15cm
環 境
日あたりがよく、水はけのよい場所
増やし方
種まき、株分け、挿し芽
花言葉
思いがけない出会い
名前の由来
果実の多くが角状であることから、ギリシア語のkeras(角)に由来します。

スポンサードリンク

セラスチウムの特徴

ナデシコ科セラスチウム属の草花で、よく栽培されるのはトメントスムという種類です。春から初夏に白い可憐な5弁花を咲かせます。常緑の葉は白い細かな毛に覆われ、銀白
色で美しく、葉を観賞することもできます。夏に蒸れると枯れることが多いので、一年草として扱われることがあります。

セラスチウムの種まき

秋に種まき

適期は9~10月で、ビート板にばらまきをします。日あたりのよい場所で、表土を乾かさないように水やりをしながら管理します。

セラスチウムの間引き

間引いて丈夫な株を残す

発芽後、生長して葉が込み合うようになったら、生長が悪く弱そうなものを間引きます。

セラスチウムの移植

本葉が2~3枚になったら

本葉が2~3枚になったら、3号鉢に1株ずつ移植します。移植後、ひとつまみの化成肥料を株の周囲に施します。

セラスチウムの定植

冬を越して暖かくなってから

移植したら日あたりのよい場所で管理して冬越しさせ、暖かくなった3月ごろ、5号鉢に3株ずつ定植します。

ワスレナグサの切り戻し

蒸れを防ぐ

真夏の暑い時期や梅雨の長雨の時期には、蒸れて枯れるのを避けるため、草丈の半分ほどのところで切り戻しします。

挿し芽で増やす場合

6~7月が適期で、花後に切り戻した枝を10センチの長さに切り、水に挿して十分湿らせてから、バーミキュライトを使って挿します。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ