園芸植物病害虫図鑑

べと病(糸状菌病)

多湿時に発生しやすい糸状菌による病気です。

べと病(キュウリ)・写真1べと病(キュウリ)べと病(ホウレンソウ)・写真2べと病(ホウレンソウ)べと病・薔薇(バラ)・写真3べと病・薔薇(バラ)

※画像をクリックすると拡大します

前のページへ

次のページへ

べと病の症状の特徴

葉に黄色い病斑が現れその裏にカビが発生する

一般的に、葉に黄化した斑点が現れ、裏側にカビが発生します。しかし、植物の種類によって原因となる病原菌が異なり、発生する症状も異なります。たとえばウリ科の植物では、葉の表面に葉脈で区切られた角のある黄色い病斑が現れ、裏にやや暗色のカビが発生します。キャベツなどアブラナ科の植物では、薬に輪郭が不明瞭な黄色っぽい病斑ができ、裏側に白いカビが生えます。バラでは若い葉に水がしみたような不規則な病班が発生します。病葉の裏面には灰白色のうすいカビが生じ、落葉しやすくなります。

べと病の対策

発生初期に薬剤で対処

発生の初期に、ダコ二-ル1000、オーソサイト、園芸ボルドーなどを1週間おきに2~3回散布します。発生が多発する場合は予防的に散布すると効果的です。

べと病の予防法

風通しをよくし、肥料を適切に

密集して植えたり、肥料を多くやり過ぎたりすると発生しやすいので、間引きなどで通風をよくし、適切な肥培管理をすることで発病を少なくすることができます。ホウレンソウには抵抗性品種があるので利用しましょう。

べと病にかかりやすい植物

●バラ
●ブドウ
●キュウリ
●ホウレンソウ
●ネギ
●シュンギク
●コマツナ
●ダイコン
●ハクサイ
●キク
●パンジー
●ヒマワリ

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ