園芸植物病害虫図鑑

イラガ類

イラガ、アカイラガ、ヒメクロイラガ、ヒロへリアオイラガ、クロシタアオイラガ、テングイラガなど

毒針をもつため、直接触れないように注意しましょう.

ヒロへリアオイラガ(害虫)・写真1ヒロへリアオイラガアカイラガ(幼虫)・写真2アカイラガヒメクロイラガ(害虫)・写真3ヒメクロイラガ

※画像をクリックすると拡大します

前のページへ

次のページへ

イラガ類の症状の特徴

葉上で幼虫時代を過ごし、葉を食害する

イラガ類には多くの種類がありますが、代表的なものはイラガ、アカイラガ、ヒメクロイラガ、ヒロへリアオイラガ、クロシタアオイラガなどです。発育初期の幼虫は菓裏を薄く食害するため、被害を受けた葉は白く透けたように見えます。大きくなると葉全体を食害します。ヒメクロイラガなどでは、大発生して大きな被害になることがあります。

イラガ類の対策

捕殺、あるいは殺虫剤で駆除

幼虫は夏から秋にかけて年1回、あるいは2回発生します。毒針をもっているので、直接手で触れないように注意して捕殺します。種類によっては発生の初期に群生します。群生している場合には菓ごと切り捨てます。薬剤を使用するときは、幼虫ができるだけ小さなうちに散布します。

イラガ類の予防法

まゆの時期に駆除しておく

イラガの仲間はまゆで越冬します。イラガは樹木の枝の分岐部に、ヒロへリアオイラガなどは樹木の幹や壁などに、アカイラガは落ち葉の中などにまゆをつくります。冬の間、まゆを見つけたら、幼虫が発生する前に取り除いて駆除します。

イラガの被害の多い植物

●サクラ●力工デ●ケヤキ●ヤナギ●プラタナス●エノキ●ウメ●ビワ●クリ●ナシ●クルミ●サルスベリ●チヤ●カキ●リンゴ●ザクロ

アカイラガの被害の多い植物

●サクラ●ツツジ●チヤ●コナラ●ウメ●クリ●プラタナス●エノキ

ヒメクロイラガの被害の多い植物

●サクラ●ケヤキ●カキ

ヒロへリアオイラガの被害の多い植物

●ツパキ●ケヤキ●力工デ●サクラ●プラタナス ●カシ●ヤナギ●ポプラ●ウメ

クロシタアオイラガの被害の多い植物

●サクラ●ツツジ●クヌギ●カキ●クリ●ウメ

テングイラガの被害の多い植物

●サクラ●力工デ●サルスベリ●フヨウ●チャ●ヤナギ●アンズ●カキ

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ