園芸植物病害虫図鑑

オンブバッタ

付近の雑草地からやってきて被害をもたらします。

オンブバッタ(害虫)・写真1オンブバッタオンブバッタ(つぼみ食害)・写真2オンブバッタ(つぼみ食害)オンブバッタ(被害・サンパチェンス)・写真3オンブバッタ(被害・サンパチェンス)

※画像をクリックすると拡大します

前のページへ

次のページへ

オンブバッタの特徴

初夏から発生し、葉や茎を食べる

オンブバッタは葉や茎、花やつぼみを食べ、傷をつけます。土の中に産みつけられた卵で越冬し、6月頃から孵化し、幼虫の姿を見かけるようになります。ハクサイなどを食害して枯らします。

オンブバッタの対策

駆除は比較的容易

比較的大型で見つけやすいため、見つけしだい成虫、幼虫を捕殺することで、薬剤を使わなくても駆除できます。薬剤を使用しても容易に駆除できます。5月頃、オンブバッタの幼虫が発生します。食害の痕を見つけたら殺虫剤を散布します。

オンブバッタの予防法

近くの雑草地をなくす

多くは近くの雑草地から移動してきて草花や野菜を食害するため、周囲の雑草を刈り取って、生息場所をなくすことも重要です。

オンブバッタの被害の多い植物

●キャベツ●ダイコン●ハクサイ●オクラ●アサガオ●アスター●インパチェンス(ホウセンカ)●サルビア●キク●グラジオラス●スイセン●ダリア●ナデシコ類●ノギク類●ベゴニア●ホトトギス●ケイトウ

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ