家庭菜園初心者・簡単野菜作り

モロヘイヤの育て方・栽培方法

高い栄養価を誇る優秀健康野菜です。

モロヘイヤ・写真1モロヘイヤの花・写真2モロヘイヤの葉・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培上のポイント
●十分に暖かくなってから種まきをする

●極度の乾燥や肥料切れを避ける

●茎葉が込み合わないように収穫する

スポンサードリンク

モロヘイヤの特性

インド西部、熱帯アフリカ原産で、エジプトの王の病気を治したという栄養価の高さが特徴です。カロチンはニンジンの1.5倍含み、そのほかビタミン肢や、カルシウムなどミネラル分も豊富です。ポリフェノールや生薬を刻むと出てくるぬめりのもと、ムチンは、生活習慣病予防の面から大いに注目されています。

モロヘイヤの品種

品種分類はなく、モロヘイヤの種として売られています。

モロヘイヤの栽培方法

発芽適温が25~28度と高く、生育適温も22度以上です。日の長さが短くなると開花し、霜に当たると枯れてしまいます。水もちのよい肥沃な場所を好みます。

種まき

4~5月、一晩水につけておいた種を、平箱かプランターにばらまきます。市販の培養土、または、赤玉土か畑土7、腐葉土3に元肥を入れておきます。覆土は薄くして水やりをします。

育苗

本葉2枚から間引いて、株間6cmにします。間引き後から、10日に1回、液体肥料を施しながら、本葉5~6枚にします。植えつけ 1㎡あたり堆肥バケツ1杯、化成肥料と鶏ふん各1振りを施して耕したら、幅120cmのベッド畝を作り、株間60cmで2条植えにします。夏の乾燥期には土が乾燥してしまわないよう、水やりをするか、敷きわらなどで乾燥を抑えます。プランター植えなら株間20~25cmにします。

じかまき

遅霜の心配がなくなったら、植えつけ時と同様の畝をつくり、1カ所に10粒ずつ点まきをする方法もあります。やはり本葉2枚から間引きを始め、4~5枚で1本にしたら、あとは同じです。

追肥

化成肥料を少量ばらまき、軽くすき込みます。または、液体肥料を続けます。

摘芯、支柱立て

葉数を増やすため、草丈30cmで摘芯し、側枝を出させます。40cmに伸びたら支柱を立て、茎を止めておきます。

モロヘイヤの収穫

50cm以上になったら、側枝を摘芯するように、下葉を残して先端を摘みとり収穫します。また、関西より西では11月下旬以降、熟したさやから採種できます。保存はよく乾燥させてから。まく前に水につけます。

モロヘイヤの病害虫

風通しをはかり、ハダニ防除をします。イモムシ類は見つけしだい捕殺します。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ