家庭菜園初心者・簡単野菜作り

ミントの育て方・栽培方法

交雑しやすいので植え場所に注意します。

ミント・写真1ミント・写真2ミント・写真3

※画像をクリックすると拡大します

スポンサードリンク

ミントの特性

そばに植えると交雑しやすいため非常に多品種で、いろいろな品種を楽しみたいときは離して植えます。生でもドライでも使えます。

ミントの品種

メントールを含むペパーミント系は清涼感があり、スペアミント系にはアップル、レモンなど甘い香りの種類が多くあります。

ミントの栽培方法

地中海沿岸原産で高温多湿には弱く、低温乾燥によく耐え、土質は選びません。

種まき

4~6月か9~10月、タネまき用土にばらまきます。しっかり鎮圧して水やりし、発芽したら間引きながら育てます。

植えつけ

本葉3~4枚で株間30cmに植えつけ。やせ地でも育ちます。確実に品種をふやしたいときは、苗を入手します。

摘芯

本葉がふえてきたら先端を摘み、腋芽を伸ばしてこんもりさせます。込み合ったところは、茎葉を切りとり収穫します。

ミントの収穫

開花が始まったら株元から切りとり、ドライにします。交雑しやすいため、収穫した種は親と違う性質になることが多くなります。香りのよい株を選び、挿し木や株分けで増やします。

ミントの病害虫

窒素過多でさび病を起こさないよう注意します。

前のページへ

ページの先頭へ