家庭菜園初心者・簡単野菜作り

タイムの育て方・栽培方法

開花前にドライにすると香りが高まります。

コモンタイム・写真1シルバータイム・写真2タイム・写真3

※画像をクリックすると拡大します

スポンサードリンク

タイムの特性

精油は防腐作用が強く、西洋料理の風味づけにも欠かせません。やせ地を好みます。

タイムの品種

コモンタイムのほか葉色や草姿、香りの異なる品種がたくさんあり、その数400以上といわれます。ほふく性種もあります。

タイムの栽培方法

日当たりがよく、水はけのよい乾いた場所がよく、戸外で冬越しができます。

種まき

4~5月ごろ、種がこまかいので砂とまぜてピートバンなどにまき、底面給水にすると1週間ほどで発芽します。間引きながら2cmくらいになるまで育てます。

植えつけ

高畝に株間30cmで植えつけるか、水はけのよい用土を入れた5号鉢に3本か、プランターに4本植えます。

剪定

1年目は収穫せずに、株を充実させます。摘芯をして枝数をふやし、込み合ったと
ころは間引き剪定をします。5~9月なら、切った枝で挿し木ができます。

タイムの収穫

初夏、開花直前に刈りとり、陰干ししたものから葉をしごきとって保存します。茎が木質化して大株になったら3分の1くらいに切り詰め、株を再生させます。

タイムの病害虫

過湿と多肥を避ければ心配いりません。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ