家庭菜園初心者・簡単野菜作り

セージの育て方・栽培方法

サルビアのうち薬効の高いものがセージです。

セージ・写真1セージ・写真2パイナップルセージ・写真3

※画像をクリックすると拡大します

スポンサードリンク

セージの特性

地中海沿岸原産で、万能薬というほど広範囲に薬効が高い、不老のハーブです。

セージの品種

コモンセージ、シルバーセージ、パープルセージ、パイナップルセージ、チェリーセージなど、たくさんの品種があります。

セイジの栽培方法

日当たり、水はけのよい場所を好み、高温多湿が苦手です。発芽しにくいので苗から育てるほうが楽です。

種まき

春か秋、無菌の用土で3~4粒ずつポットまきするか、鉢にじかまきします。暖かい場所で土を乾かさないように管理。間引いて本業6~8枚で1本にします。

植えつけ

苦土石灰と堆肥を施して耕したら高畝をつくり、株間40cmで植えつけます。根づいてから水やりをし、鉢植えはその後も、鉢土が乾いたら水やりをします。

摘芯

摘芯をして腋芽を伸ばし、葉数をふやします。1年目は成長を優先させます。

追肥

2カ月に1回、油かすなどを施肥します。

セージの収穫

込み合ったところを間引くように、摘みとり収穫します。ドライにするなら開花前に、30mくらいの高さで切り戻します。

セージの病害虫

アブラムシは早期防除。過湿は禁物です。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ