果樹栽培・ガーデニングの基本

スグリの育て方・栽培方法

スグリ科

グーズベリーともよばれ、夏に収穫できる庭先栽培にうってつけの果樹です。

スグリ・写真1スグリ・写真2スグリの実・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培上のポイント
●乾燥と高温を避けることが大切。
栽培上の適地
●東北地方以北や高冷地。
栽培上の難易度
●夏に冷涼な地域であれば、比較的栽培は容易。

スポンサードリンク

スグリの果樹としての特徴

樹高が1mほどのブッシュ状に育つ低木です。寒さには強く、夏に冷涼な気候を好みます。果実は市販されていないため、収穫した果実の味わいは、家庭栽培ならではといえるでしょう。

スグリの栽培条件と品種選び

冷涼な気候を好み、暖地では、山間部や高所などでないと栽培がむずかしいでしょう。土壌に対する適応力はあり、極端に排水の悪い場所でなければ土質は選びません。大別すると、ヨーロッパ系の「オオスグリ」とアメリカ系の「アメリカスグリ」に分けられます。自分の花粉で受粉できるため、1株だけでも結実します。

スグリの栽培方法

植えつけ

10~11月に植えつけます。苗木はふつう測cm程度のものが市販されているので、植えつけ直後の剪定はしません。

植えつけ場所

極端に水はけの悪い場所でなければ、とくに土質は選びません。夏でも冷涼な地域であれば日当たりがあってもかまいませんが、関東以西の暖地では、北向きの庭や、西日のあたらない半日陰で、風通しのよい涼しい場所に植えつけます。
12mほどのスペースに、ブッシュ状に
広がります。

仕立て方

「ブッシュ状仕立て」が一般的です。植えつけ翌年の春以降、地際から新梢がつぎつぎと発生するので、強そうなもの3~4本だけを残して他の弱そうな枝は切ります。毎年これを繰り返し、4~5年で、1株15本ほどに仕立てます。

剪定

株は4~5年習更新

枝が古くなるにつれて短果枝が増えて、花芽ができにくくなり、果実の肥大も悪くなるので、4~5年ごとに株元から間引いて更新します。

施肥

植えつけ時に堆肥を与え、その後はとくに施肥を行わなくてもかまいません。

収穫

7~8月、実が色づき、やわらかそうになったものから10日ほどの間に、順次収穫します。

その他

気温が高いとうどん粉病やハダニが発生するので注意しましょう。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ