果樹栽培・ガーデニングの基本

グァバの育て方・栽培方法

フトモモ科

黄白色の果実はつややかで、汁が多く甘い。ビタミンCの含有量は果物中最高レベルです。

グァバ・写真1グァバの花・写真2グァバの実・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培上のポイント
●冬の防寒対策をしっかり行う。
栽培上の適地
●九州南部、沖縄。
栽培上の難易度
●丈夫で土壌を選ばず、比較的栽培しやすい。

スポンサードリンク

グァバの果樹としての特徴

熱帯アメリカ原産の常緑低木です。果実は球形、卵形、洋ナシ形などがあり、熟すと黄白色になります。甘味と淡い酸味があり、ジュースやジャム、ゼリーなどに加工されます。和名をバンジロウまたはバンザクロといいます。

グァバの栽培条件と品種選び

やや乾燥した土地を好みます。生育温度は20~25℃、冬期にも10℃以上を保ちます。熱帯地方以外では、鉢植えで栽培します。自分の花粉で結実するので、単植できます。

グァバの栽培方法

春から秋の生育期は、日照のよい屋外で育てます。冬は室内で育てますが、温度10℃以上に保つように注意しましょう。鉢の表面が乾いたら十分に水をやります。温度管理ができていれば、年間を通じて発芽して枝が伸びるので、適度に間引いて、伸びすぎた枝は切りつめます。毎年3月に玉肥4~5個を置き肥します。果実は葉10枚に対して1果程度が適当です。株全体で8~10果を目安に摘果しましょう。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ