果樹栽培・ガーデニングの基本

クコの育て方・栽培方法

ナス科

古くから薬用植物として知られ、茎や葉はクコ茶にして、果実は薬用酒にして利用されてきた、実用的樹木です。

クコ・写真1クコの花・写真2クコの実・写真3

※画像をクリックすると拡大します

栽培上のポイント
●生命力が強いため、とくに心配はない。うどん粉病が発生したら、ベンレートなどを散布。
栽培上の適地
●本州以南。
栽培上の難易度
●きわめて丈夫で、肥料や病虫害の心配もほとんどなく、栽培は容易。

スポンサードリンク

クコの果樹としての特徴

日本各地の山野や河川の土手などに自生し、生け垣や庭木としても植えられています。8~9月ごろ、菓腋に紫色の花をつけ、晩秋には果実が橙紅色に熟します。

クコの栽培条件と品種選び

日当たりがよく、土壌の深い場所を好みます。とくに土質は選びませんが、酸性が強すぎる土壌には適しません。

クコの栽培方法

11月中旬~3月ごろ植えつけます。やや深めに穴を掘り、腐葉土や堆肥を多めにすきこんで保水性を増します。植えつけ後はたっぷりと水をやります。「垣根仕立て」や「半球形仕立て」にします。前刀定は12~3日が適期ですが、生命力が強いので、一年中前刀定可能です。また、強く刈りこんでも、開花・結実にはほとんど影響がありません。庭の広さに余裕があれば、剪定をせずに伸びた枝をたれ下げる「自然樹形」も楽しめます。肥料はほとんど必要ありませんが、生育が悪ければ2月ごろ油かすや鶏糞を施します。

前のページへ

次のページへ

ページの先頭へ